ウェブリブログからライブドアブログに引っ越してきました。現在2ndシーズン稼働中。→http://tewokamareta-2nd.blog.jp/

結婚

春の報せ。 からの記憶の扉。

幼稚園時代からの友人から、6月に結婚式を行う旨の
連絡をいただきました。おお~~~うれしぃ~{%顔文字喜びhdeco%}
よいねよいね。春だね春だね。{%サクラ(チカチカ)hdeco%}


6月といえば、去年の6月は自分たちの結婚式でした。
そして6月に結婚式をすべく、去年の1月から今頃は、
毎週末がブライダルフェアめぐりの日々!!だったなぁ~と。

画像
ブライダルフェアデートも悪くない。フルコースが半額以下で食べられたりするし


ブライダルフェアというのは、各式場やレストラン、ホテルなどが
「うちだとこんな感じのウエディングができまっせ~」という
ものを見せてくれる、いわば見本市のようなもの。

ゼクシィなどの結婚情報誌をよんでいると、
「80名○○○円」と人数とそれに応じた予算が書いてあり、
その予算を目安に自分たちの身の丈にあったところにアタリをつけ、
かたっぱしから行ってきました。
なんだかんだで6件くらいまわったかな(^-^;

もちろん、結婚式に際して親からの援助はないです。
なのでテーマは「ふたりのちからで出来ること」でした。
予算しかり、準備しかり。

逆に、出来ることが限られていたから
「ここは!」という部分に注力できて
よかったのではないかな~~と思ってみる。


今思うと大変だった結婚準備も楽しかったな~
ブログに書こうと思ってた結婚準備の話、
結局描かず終いだな~とか、
そんなことを思い出した春の報せでございました。



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます










おふたりさま

土曜日は、ダンナ様の従弟の結婚式でした。
夫婦で出かける初めての公式行事です。(←なんだ公式って)
粗相があってはいけないので、美容院で髪とメイクを
お願いすることにしました。

髪をエレガント(?)にまきまきしてもらっていると
「ではメイクに入らせていただきます~」と
浜田ブリトニーのような雰囲気の美容師さん・・・。
「どういう感じにします?」との問いに、
それまでは“おめめパッチリ”にしてもらおうと
考えていたのですが、どんだけパッチリにされるか
わからないので「ナ・・・・ナチュラルで!」と答える。

出来上がりは~~~


誰!?







画像




普段はすっぴんと間違えられるほどのナチュラルメイクなので、
ガッツリばっちりアイライン引かれたり、
シャドウを入れられたりすると、もはや別人です。
化粧でこんなに変わるとは。軽く感動を覚えてみた。
(そしてこのレベルでナチュラルって…と思ってみた)


結婚式は南青山にあるひっそりとしたフレンチレストラン。
実は美容院で思った以上に時間を食ってしまったので、
なんと大遅刻!!をしてしまいました・・・。
幸い親族紹介には間に合いましたが、早速1粗相。

親族紹介や親族写真の撮影、その後の歓談(?)では
「妻のキョウコです」と紹介したり、紹介されたり。
おおおおお~  妻なんだなぁ と改めて実感。。。
なんというか。妻の醍醐味ですねぇ(←そうか?)



肝心の新郎新婦ですが・・花嫁様超きれい!!
元が美人さんなのですが、さらにこう・・・
花嫁オーラをまとって後光が差す美しさでした。
ドレスはすごくシンプルだったけど、花嫁様自身に
花があったのでちっとも地味に感じませんでした。
清楚な美しさというのでしょう。
新郎は、花嫁様のことをすご~~~~く大切に
そして愛おしくてたまらないんだろうなぁと。
そんな様子が滲みでておりました。

画像


なんでしょう。自分が結婚した前と後では
結婚式の見方がまるで違いますね。
今までは「美味い料理~」とか「花嫁と写真撮らなきゃ~」
でしたが、今回は終始目じり下がりっぱなし!
そして暖かいものが心いっぱいに満たされました。
そしておなかも満たされました。

画像




フレンチレストランだけあって、料理は最高!
自分の結婚式では前菜を二口つまんだ程度だったので
「ここでは!」とソースの一滴も残さず食べました。
そしてまたワインがうまい!!
白ワインにいたってはかなりのペースで飲んだ模様。



花嫁の手紙では、やっぱり自分と重なる部分があり、
こみ上げてくるものが止まりませんでした。

引き出物は新郎のご実家が骨董や陶芸などの美術品を
扱うお店なだけあって、焼き物です。
陶芸作家、小林敦さんの作品で、箱書きまでついてました。
私は陶芸の世界などあまりわからないのですが
お義兄さん夫婦は小林さんの愛好者だそうです。


画像




結婚式ではおなかも心も満たされて、ご満悦。
やっぱり結婚式はよいな~~~
事前の準備は大変だけど、準備の大変さに
見合うものを得ていると思う。いろんなカタチでね。

私もあと2回くらいやりたいわ~(←ぉぃ)





↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます


まにあ。

大将は、オーディオビジュアル(AV)マニアである。
結婚式での新郎新婦プロフィール紹介のところに、
趣味:映画鑑賞(画質優先)と書いたくらい。


んで。この月末に、新婚旅行へ行くことになりました。

場所は、ウォルトディズニーワールドリゾートです!8日間です。
泊まるホテルはリゾートのほぼ中心にある
ウォルトディズニーワールドドルフィン

ディズニーの直営ではなくシェラトン系のホテルですが
ホテルランクとしてはリゾートの中でも上の方だそうで
「新婚旅行でしたらぜひに!に!!に!!!」と
旅行会社の人に鼻息荒くオススメされたので
プロの話は素直にきいとくことにしました。

ディズニーランドは二人とも大好きで1年に1回は必ず行くし、
プロポーズもディズニーランド(のシンデレラ城前)だったし。
大将は海外初めてだって言うし。
まぁ二人には最適ではないかと思っていたり。

で、フロリダのディズニーワールドには日本にないアトラクションや
アニマルキングダムという動物園などがあります。

ディズニーランドは好きだけど、ディズニー作品は
ほとんどみたことがないという大将に、せめてキャラクターの
名前くらいはわかってもらおうと作品を観るよう進めたのですが・・・
(特にライオンキング)




大将「それ、ブルーレイは出てるの?」










大将「眠りの森の美女と、ピノキオだったら観てもいい。」
(↑デジタルリマスター版が出ているらしい。)



ピノキオ プラチナ・エディション (期間限定) [Blu-ray]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2009-05-20

ユーザレビュー:
古き良きDisnyの ...
リマスターのお手本昔 ...
ただただ驚かされる【 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



眠れる森の美女 プラチナ・エディション (期間限定) [Blu-ray]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2008-10-22

ユーザレビュー:
昔ディズニーアニメを ...
笑いあり・ロマンティ ...
画像はきれいディズニ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ








このAVマニアめが!!





引き出物

先日引き出物の業者から、
「お宅のゲスト、これを選びましたぜ」な
リストが送られてきた。

引き出物は自分がもらって一番うれしかった
カタログギフトにしたのです。
やっぱり、押入れの奥にしまわれてしまうものよりも、
もらった人が選べるのがいいな、と思ったので。
式前に散々目を通したYahoo!知恵袋では
「ゲストに対する思いやりが無い!」と
カタログギフトを悪く言う方が多いので軽く凹みましたが、
「ゲストのことを考えてコレにしたんだもんね!」と
最終的に居直ることにしました。




で。リストなわけです。

このリスト、ようは「誰が」「何を」頼んだのかがわかるので、
まだの人には「はがき出し忘れてないかい~」と連絡したり、
「選べなかった」という方には代わりの品を手配するのに使います。


目を通して見ると、本当にみなさん
いろいろなものを選んでいます。
そして思わず「らしぃなぁ~」とうなずいてみたり。

やっぱりカタログギフトにしてよかったのです。


んが。


リストの中に、まったく知らない方の名前が一名…。



画像
びびった。他人のリストがまぎれたのかと思って。







===================

その後の調査で、招待した友人の
同居人だということが判明しました。


てか・・・・選んだのはその方なのでせうが

自分の名前で申し込むなや・・・(^-^;




↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます






結婚式の話。

そんなわけで、6月27日は自分の結婚式でした。
ご参列くださった皆様、本当にありがとうございました。

流れにそいながらザクザクと・・・。


【挙式】
ホテル内の神殿にて挙式をしました。
ちゃんと神主さんと巫女さんと楽士さん(笙の奏者)がきて
粛々と執り行われました。
新郎新婦の衣装は紋付はかまと色打ちかけ。

よく、「なんで神前式にしたの?」と聞かれるんですが、
「キリスト教式挙式はあんまり好きじゃない」というのと、
「そもそもキリストさんには縁がないよね」って話なのと。
キリスト教式挙式は「二人がめぐり合ったのも、結婚するのも、
みんな神様がきめたこと」っていう講釈を牧師さんがするですよ。
んで、神前式ってのは「このものたちは夫婦になりますので
よろしく見守っておくんなまし」っていう祝詞なんですよ。
キリスト教式挙式の内容には同意しかねるものがあったので。
あと、お宮参りとか七五三とか初詣とか、
節目にはだいたい神社だよね。
なので結婚だけあっちの神様っつーのはどうかな~と。

そんな話を式場の担当者さんとか司会の人にしたら
「みなさん、何が着たいかで挙式場を決められる方が
多いので・・・。そのようなこだわりを持ってる方は
はじめてです(^-^;」といわれてみたり。
ひゃっほう。

ちなみに、挙式中は写真撮影禁止なので、
写真はありません。残念ちー。


【披露宴】

画像


披露宴は12時からのスタートでした。
ビバお昼時。
この式場(ホテルなんですが)の料理はとっても
美味しいので、しっかり食べていただきたかったのです。

最初の入場は、挙式のときと同じ打ち掛けで。
角隠しもつけたままにしました。(本来ははずすらしい)
母が手をひくなか、入場。
会場は暗くて、照明がきついのでゲストの姿はすばらしく見えず・・・。

画像



ちなみに、このときキョウコさんは
「どこでお辞儀するんだっけ…」とか、
そんなことばっかり考えてました。ぶふー。

新郎、新婦それぞれの主賓から祝辞をいただき、続いては・・・
ちらし寿司カット~~~

画像




画像


普通の生ケーキのカットもできたのだけど、
担当者の方から和装ならチラシはいかがですか、と誘われ…
それでお願いします!と花嫁。普通がいいと花婿。
最終的にジャンケンで決まりましたw

乾杯の挨拶は、二人が出会うきっかけになった(と思われる)友人に。
乾杯の発声とともに、会場のカーテンがあがって皇居の緑が!

画像



この会場はビル街にあり、披露宴会場に入る前の窓からは
どれもビルと首都高しか見えないのですが、披露宴会場からは
皇居の緑や東京タワーなど、結構な景色が広がるのです。
何気に天気のいい冬場だと富士山も見えたり。

そんなわけで披露宴スタート!と思ったらもうお色直しのための退場とな。
まだ一口しか食べてないのに~ と半泣きで会場を後にしました。

美容室に戻ると3人がかりでドレスの仕度。
BGMはドリフの「ちゃちゃらちゃんちゃかちゃんちゃ♪」がピッタリです。
そんなわけで、あっという間に準備は終わり、
ウエディングドレスで再入場~~

画像



キャンドルサービスは、液体を注ぐとバラの花が光る というものでした。

画像


ほいでもってこっちがメインキャンドルのブルーフォール。光の滝です。

画像


その後は友人へのインタビュー。
ここで中学時代の友人より、まさかのサプライズプレゼントが!!

菅野よう子ファンなら知っている、珠玉の一枚。
NHKスペシャル中国のサウンドトラックアルバム!!
(今では超プレミア)


画像



うぉぉぉぉ~~~~
以前散々欲しいといっていたのを覚えていてくれたのか~~~
(彼女は発売当時に買った数少ない一人なの)

超うれしい。家宝にします(つд`)


その後は各テーブルごとに写真撮影~
他の人の式に出ていて思ったのが
「新郎新婦と撮った写真が一枚も無い!」というケースが多々あること。
それは新郎も同じだったらしく、じゃぁ一緒に写真をとることを
プログラムに含んでしまおう!となったわけです。
新郎新婦と写真撮るタイミングって難しいんですよね。

続いては新郎新婦共通の友人によるピアノ演奏~。
その友人はピアノがでら上手くて、ぜひともご披露いただきたい!
ということで、お願いしたのでした。
ちなみに電子ピアノは同僚S氏から無料お借りしました。
(ありがとうございます。これでいくら浮いたことか…)
相変わらずステキなピアノを弾いてくれていると・・・なにやら
場の雰囲気にはそぐわない、軽快なメロディーが・・・・・。

そして、3テーブルからぞろぞろと人が集まるではありませんか。

「??????」となっていると、歌い始める皆様。

画像


ななななんと!
菅野よう子を通じて知り合った友人たち
(新郎新婦の共通友人一同)が、
新郎新婦にナイショでコッソリ用意してくれていたのです。

そりゃ新婦泣くわ{%うーん…(シクシク)hdeco%}。


涙でぬらしてはいけない!しっとりさせてはいけない!
と思って極力耐えたんですけどね・・・・。


そうこうしているうちに、もうシメにはいりました。
(いや、本当にはやかったよ)

花嫁の手紙は「なぜ手紙を読むのは花嫁だけなんだ」
「感謝されるべき親はあの場所に他にもいるでしょー」という母の
強い希望により、二人で、それぞれの両親に宛てることにしたのですが…


ここで、新郎がまさかの涙。


何気に、付き合ってから3年経ちますけど、
涙を見たのは初めてでした。なので、最初は泣いていると気づかず
「? 手紙が裏映りしちゃって字が見えないのかな?」と思ってしまった。
ひでぇ花嫁だ。



花束贈呈のときは、 旅立ち をイメージさせる曲を選びました。

画像


両親の元から巣立ち、二人で家庭を築いていく。
夫婦になるって、そういうことではないかと思うのです。
結婚式の披露宴というやつは「これからこの二人は夫婦になりますので、
みなさんよろしくお願いします」の場だと思うのです。



新郎父の謝辞。
新郎のお兄さんは海外挙式だったので、こういう場は初めてだそうです。
海外挙式もいいですけど、こういうスタンダードな式も、
スタンダードであるからこそのよさというものがありますよね。

新郎のシメ。
何気に、前日まで「紙をみながらしゃべる!」といっていたのに、
当日はしっかり暗記してきた新郎。
こういう、押さえるべきポイントははずさないところ、好きです。
最後の最後にもう一個サプライズがありましたけどw。





そんなわけで、結婚式(一次会)編はおひらきです~

つまりまだつづくというわけだー



登場人物紹介
絵日記
名前:キョウコ
性別:おなご
年齢:80年代の生まれ
職業:会社員。
メモ:自分のことを「キョウコ」と呼んでますが、本名はキョウコじゃないんですよ。

大将
名前:大将
性別:おのこ
年齢:70年代の生まれ
職業:会社員。
メモ:キョウコのダンナ様。
オーディオおたく



ハルカ
名前:ハルカ
性別:おなご
年齢:2012年7月生まれ
メモ:長女。
本名はハルカじゃないです。



アスカ
名前:アスカ
性別:おなご
年齢:2014年7月生まれ
メモ:次女。
本名はアスカじゃないです。


ブログランキング