ウェブリブログからライブドアブログに引っ越してきました。現在2ndシーズン稼働中。→http://tewokamareta-2nd.blog.jp/

アニメ

Disney’s クリスマス・キャロルを観てきたよ。

先日の水曜日は、レディースデーということで、
久しぶりにおひとりさまで映画を観に行ってきました。
今回観たのは「Disney’s クリスマス・キャロル」


画像
解説・あらすじなどは本業サイトにおまかせします{%わーい(嬉しい顔)docomo%}





一言感想。

ジムキャリー・オンステージ。





ジムキャリーといえば、私のなかではトゥルーマンショーでも
マン・オン・ザ・ムーンでもなく、マスク


マスク [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2005-04-08


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


チッチキブン♪チッチキブン♪チッチキブン♪



私が映画館で腹を抱えて笑った最初の作品です。
当時はまだ中学生で姉と観に行ったな~(懐)。

ジムキャリーの演技はアニメーションと相性がいいですね。

今回のクリスマス・キャロルでは主人公の
スクルージを始め、7役!をこなしていますが、
どのキャラクターもみんなジムキャリーに見えますwww
でも、某キムタクみたいに「何役をやってもキムタクだよね」
という意味の“みんなジムキャリーに見える”ということではなく。

私のお気に入りは“過去の精霊”。
あの、炎がゆらめく様は、「遊んでるw」としか思えない。
でもそこがよい。

吹き替え版では山寺宏一氏がジムキャリーのやる
7役すべての吹き替えを担当しているとのことで、
こっちも観てみたくなりました。3D上映もやってるしねー。

クリスマスに是非見てほしい映画です!
感動します!
 とは、言わないです。
ジムキャリーの遊びっぷりを堪能してほしいです。







シネマイレージカードの履歴をみてみたところ、
一人で映画に行くのは1年ぶりだった!
また月3本は映画を観る生活に戻ろうかな。



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます

イツワリノウタヒメ観てきたよ。

昨日は天気予報が雨で寒い!とのことだったので、
大将と映画に行ってきました。映画は
「沈まぬ太陽」・・・と言いたいトコロですが、アニメです。


劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~
http://www.macrossf.com/movie/


画像



六本木のTOHOシネマへ観に行ったのですが、
天気が悪いときは皆デート先に映画を選択するのか、
とにかくすごい人!人!人!
TOHOシネマは、インターネットで座席が予約でき、
「チケット買う行列にならばなくていい」がウリ(?)
なのですが、そのインターネットで予約したチケットを
受け取るVitという端末にすごい列が出来ていまして…。
http://www.tohotheater.jp/vit/index.html

「購入確定のメールを入り口で見せれば入場可」という
特別処置がとられていました(^-^;;

開場150席ほどのスクリーン3でしたが
席はほぼ満席。さすが公開2日目。



さてさて。感想。
たぶん、ネタバレは無いと思う。






















CGを使ったシーンや、ドギューンバギューン
ズギャーン!ってところはものすごい。さすが。
シェリルのライブのところなんて、曲の発注含めて
どんだけ予算使ってるんだ!と思ってしまう。
「鷹の爪」だったらそこだけでバジェット・ゲージが
ぐぐーんと減ってることでしょうww

内容としてはテレビ版を元にしてますが
2時間という尺があるのでいろいろ省かれており、
だからこそわかりやすくなっている部分もあったのですが
薄くなってしまっている部分もあって、それは
ちょっと残念だったなぁ~~~と。


映画のサブタイトルが「イツワリノウタヒメ」と
なっていますが、どのあたりがイツワリノウタヒメ
だったのでしょうか。うーむ。
さらにポスターなどの販促グッズには
「歌で銀河が救えるわけないでしょ!」と
書いてありましたが、こちらも本編の内容とは・・・。
まだ「こんなサービス滅多にしないんだから」の方がw

なんとなくですが、「歌で銀河が~」は
チャリティ番組といいながら出演者に高額な出演料が
ガッツリ発生している24時間なアレが脳裏に浮かびます(蛇足)。



「イツワリノウタヒメ」はテレビ版でいうところの前半にあたり、
ランカのドサまわり(営業)シーンは笑い涙を誘います。
後半部分は完結編「サヨナラノツバサ」でやるみたいですね。
えぇ。映画が2本で完結だということをこのとき初めて知りました。
公開日はまだ未定っぽいです。来年の夏とかだったら笑うぞ。
















マクロス電車。

昨日の帰宅時に乗った山手線は・・・



画像
携帯でコッソリ撮影なのでブレブレ(^-^;



マクロスFデコレーションでした。


劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~
今週末から公開ですし、宣伝にもチカラとお金が入ってますね!






デコレーションだけで、中は普通の電車だったんですが、

なぜでしょう・・・・







乗っててすごく恥ずかしかったです。





↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます


ガンダムライブ!!

土曜の夜は夫婦で、東京国際フォーラムで行われた
「Soul-G~すべての戦士に捧げる音楽祭~」
(の夜の部)に行って来ました!!
夫婦でガンダムが大好きなオタク夫婦なのです。
ちなみにキョウコは∀ガンダムまでしか知りませんが。


画像



全体の雰囲気としては、司会の人が台本見ながら
しゃべっていたり、歌い終わった歌手が下手に
すたすた歩いて帰るさまが、歌謡ショウのようでした。
最近は大掛かりなライブばかり観ていたので、なんか新鮮w

会場は、30代以上の男性がほとんどで、女性も3割・・・
いや、もっとすくなかったかも(^-^;
ペンライトを持っているひとも、「歌よりオレ」な
パフォーマンスの人たち(PPPHとか言うらしい)も
いなくて、すごく落ち着いた雰囲気。
でも盛り上がるところはハンパねぇ!でしたww

ほいでば。

セットリストとともに、順をおって書いて・・・いけたらいいなぁ。


~~~~~~~

開演。

舞台スクリーンに「第一部」の文字

上手側にスポット。
起動戦士ガンダム第40話「光る宇宙」の、
アムロがララァ機を落としてその後
「うわぁぁぁ~」ってなっちゃうあたり←アバウト
のシーンの朗読。

朗読者は古谷徹氏だったが、なぜか読み始めた瞬間
「クスッ」という笑い声が客席から漏れる。
・・・・若井おさむだと思われたのか?www


1:Ζ・刻を越えて(鮎川麻弥)
機動戦士Zガンダム 前期OP

スクリーンにはOPの映像。
イントロのリズムに合わせて会場が
スタンドアップ&手拍子。
舞台中央よりキンキラ衣装の鮎川さん。
年齢にあわせて声質もだいぶ低く、
すごくソウルな感じになってました。

2:水の星へ愛をこめて(森口博子)
機動戦士Zガンダム 後期OP

まるで聖闘士星矢のアテナ様のような衣装の森口。
声は少々低くはなっていたけど、それでも
十分伸びやかで、やさしい歌声でございました。


3:アニメじゃない~夢を忘れた古い地球人よ~(新井正人)
機動戦士ZZガンダム 前期OP

大将が「オレ、今すごく感動してる・・・」と珍しく熱くなっていた。
マクロスFのライブのときでも「ふーん」くらいだったのにw
「アニメじゃない!」の部分を会場全員でコール。


MC
歌い終わったところで司会者の太田真一郎氏が登場。
彼自身も声優ですが、「料理の鉄人」はじめ
レポーターやアナウンサー的な仕事が多いですよね。←蛇足

ゲストのガンダム芸人こと土田晃之と古谷さんを紹介、
先の3曲を歌った3人の歌手も再登場し、軽いトーク。

土田氏の「あの曲(「アニメじゃない」)にこんなに感動するとは
思わなかった。だって当時“何言ってんの?アニメじゃん”って
思ってましたもん」に、会場一同うなずくwww
さすがガンダム芸人。
ガンダムファンの気持ちをすばらしく代弁してくれます。


~~第二部~~


4:STAND UP TO THE VICTORY (川添智久)
機動戦士Vガンダム 前期OP

川添さんがLINDBERGのメンバーだってことは
あんまり知られてませんよね←蛇足2
Vガンダムあたりからリアルタイムで観た
記憶があります。
(でも当時はガンダムより勇者シリーズだった子)


5:FLYING IN THE SKY(鵜島仁文)
機動武道伝Gガンダム 前期OP

ガンダム歴代主題歌の中で1、2を争う好きな歌w
特に出だし{%顔文字ハートhdeco%}
鵜島さんの姿の変わりように、ちょっとビックリ。
ワタシのなかでは男前のイメージだったんですが・・・
なんかねぇ、丸いオッサンになってたよ←失礼


6:DREAMS(麻倉あきら)
機動新世紀ガンダムX 前期OP

ロマンティックモードは活動を停止しておりまして、
ボーカルの麻倉女史のみでの参加でやんす。
それでもあの高音まで伸びやかな声は
今も現役でございました{%嬉(チカチカ)hdeco%}。
はー・・・・
この曲がライブできけるとはなぁ。

Vガン、Gガン、そしてXと、
「あーやっぱりWはやらないか~
高山みなみは引っ張って来れないよなぁ」と
思っていたところに、麻倉あきら女史のMCで
「今日だけ、特別に・・・・」

なんと!!川添、鵜島、麻倉の3人で・・・


7:JUST COMMUNICATION(川添、鵜島、麻倉)
新機動戦記ガンダムW 前期OP

俺の青春キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

気がついたら泣いてました。
もうね、本当に俺の青春だったんだよ{%うーん…(シクシク)hdeco%}
はぁ~~~~~
持ってたなぁ・・・等身大ポスター←(誰の?)
当時の残骸の一部がまだ捨てられずに手元にあったりします。

はぁぁぁ・・・来てよかった・・・来てよかったよ{%涙(ヒタヒタ)hdeco%}
オリジナルアーティストじゃなくても、
十分におなかいっぱいでございます。


MC
JUST COMMUNICATION後、太田氏と土田氏再登場。
土田氏による各ガンダムの紹介をまじえつつ、
当時の話や歌にまつわるトーク。

面白かった・・・けどテキストで起こしたら、
土田氏の独特の間とテンポが死んでしまうので
あの面白さの感動が伝わらなかった。
そんなわけではしょります。

そして次にOVAシリーズにスポットをあて、
MIQさん、米倉千尋さんの登場。
土田氏は自身の長女の名前を、08MS小隊のヒロイン
「アイナ・サハリン」から「あいな」と命名したそうな。


8:MEN OF DESTINY(MIQ)
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

すご~~くソウルフルな歌になってましたw
スターダストメモリーはOVAでも人気が高いのか、
会場に「まってました!」な感じの空気が。


9:嵐の中で輝いて(米倉千尋)
機動戦士ガンダム 第08MS小隊

個人的に、08MS小隊は名作だと思う←
檜山さんの演技がちょっと臭いんですけどね←
これも名曲ですねん。
当時、深夜にアニメのことを扱うラジオ番組が
あったんですよ(今もあるかもそれないが)。
そこでかかったこの曲を録音して
大事に聞いていた思い出が。


~~第三部~~

再び舞台上手にスポット。
古谷徹氏の朗読で、∀ガンダムの「月に吠える」の1シーン。

古谷徹氏のロランは、これはこれでまた・・・。
  

10:月の繭(奥井亜紀)
∀ガンダム

はふ・・・・
これが生できけるとか・・・
俺は本当に幸せ者だーーー(TwT)
(ちなみに作曲は菅野よう子さん)


11:ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜(森口博子)
起動戦士ガンダムF91

まるでウエディングドレスのような白い衣装に
身をつつんで、森口博子登場。

大将「で、森口は何人生んできたの?」
キョウコ「は?(・д・」
大将「だって、一時テレビにでてなかったよね?
    子ども生んでたんじゃないの?」
キョウコ「・・・森口博子は独身です」
大将「えぇえぇえぇえぇ!?」

ガンダム史上における超名曲を聴きながら、
そんな会話の夫婦・・・。


MC
太田氏、土田氏登場。奥井さんも呼ばれ、
富野監督や、∀の音楽を担当した菅野さんの話になる。
奥井亜紀さん曰く「この歌(月の繭)は、菅野さんの思い入れが
とても強い曲だそうで、とても大事にされていた」そうな。
そうかー。だから七夕ライブでもMoonを最後にしたのね。

森口博子がデビュー曲以降鳴かず飛ばずだったのを、
ETERNAL WINDでスマッシュヒット、この曲で紅白に出場し、
以降歌手として認められたことに対し、感謝の意をのべると、
客席より声がかかる。←何て言ったかは聞き取れなかった。
感動の涙の森口{%涙(ヒタヒタ)hdeco%}。


ここで、なんとビデオレターで宇都宮隆登場。
BGMにBEYOND THE TIME (逆シャアの主題歌)

えぇぇぇぇ~{%顔文字驚きhdeco%}
というか映画版は今までスルーしてたから
出てくると思わなかったYO!
ビデオレターでは、ツアーで忙しい合間につくったこと、
今日は会場にいけなくてごめんねーなどをしゃべってました。
そして、すごいゴツい皮のジャケットを着てました。
⇒そのことはあとで土田氏に突っ込まれてましたが。
 土田「北斗神拳の使い手かと」
 太田「髪が長いから南斗かもしれません」

最新作、ユニコーンガンダムの上映。というかCM?


~~第4部~~


舞台上手スポット。
SEEDデステニーのワンシーンの朗読。
(種見て無いからわからんちー(・ω・)


12:僕たちの行方(高橋瞳)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY OP


13:Prototype(石川智晶)
機動戦士ガンダム00 2nd ED


14:あんなに一緒だったのに(石川智晶:See-Saw)
機動戦士ガンダムSEED ED


SEEDも00も作品自体はとても人気があるのに、
客の反応はMEN OF DESTINYやETERNAL WINDに
比べると少々静か・・・。客の年齢層が高いからか?
大将曰く「最近のガンダムはコロコロ主題歌が変わるから
愛着がつかないんだよね~」とのこと。ナルホドね。


照明、暗くなり上手に古谷徹氏。舞台中央では
劇場版ガンダムIII めぐりあい宇宙 のラストシーンの上映。
(1stガンダムのラストシーンと同じだが、
BGMが映画版 by大将 とのこと)
ラストシーンの台詞を上映中の映像にかさねてアフレコ。

ラストシーンが終わると、スペシャルゲストの紹介。



舞台中央より、富野監督登場。
客席から、「ありがとー」の声が方々よりかかる。
しばし上を見つめ、言葉にならない監督。
見てるこっちもグッときます。。。

・30年という時間は、生身の人間にはきつい長さ。
 でも、それでもコレだけの人に愛されている。
 そこにはまさしく“アニメじゃない”何かがあったのだろう
・昔、アニメの主題歌は「学芸部門」の取扱いだった。
 小学校唱歌や童謡と同じ扱いだった。
 そのなかでのスタートだった。

といったお話と、「ALWAYS BEGINNING」の言葉。
いつだってはじまりだ


そうですね、終わりはないです。
30周年記念イベントはこれで終わりかもしれないですけど、
ガンダムは常に新しく、そして始まるのです。

最後に、舞台上に土田氏とすべての歌手がでてきて
(ここでも森口博子は衣装チェンジしてましたが)
会場のみんなと一緒に合唱

15:飛べ!ガンダム
機動戦士ガンダム

やはりね、ここから始まりましたから。
すべての始まりはここですから。
これ以上シメにふさわしい曲もないですな。
※この曲を歌っている方はすでに鬼籍に入られています。


歌い終わったあと、全員が退場しながらの舞台には
BGM哀戦士とともに本日のセットリスト。
「哀戦士も歌わせてくれー(´д`)」とは大将。
実際、客電もつくなかたで歌ってる人は多かったな~。


そんなわけで、MC含め2時間半でしたが
おなかいっぱいのライブでございました~~。

その後、新橋のガード下で焼き鳥を食べながら
ガンダム談義を交わす夫婦。
実は義兄夫婦の引越し手伝いを抜け出してのライブですたw




↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます








ハガレンDVD買ったよ!

マニアックなキョウコさんが愛してやまないアニメ、
鋼の錬金術師のDVD第一巻が本日発売とのことで、
早速購入しちゃいました。

画像


これの原作が大好きでして
(なので以前のアニメは見ていない)
映像特典に「盲目の錬金術師」があるというので。
さらに、11月に行われるイベントへの応募の権利が
もらえるというので、迷わず購入です。


DVDで買おうとしたら、大将から待ったが。
「せっかく再生機器があるんだからブルーレイで買わなくちゃ!」
・・・・・
いや。私は別に画質どうでもいいですし。
最近の作品なら特にブルーレイにする意味がわからんし。
それに高いし(1000円くらい)。

結局、大将がDVDより高い分を出すというので
ブルーレイで購入。




早速家に帰って視聴。




うん、テレビ版との差がわからないよ!{%顔文字喜びhdeco%}




さてさて。もういっこの目的、
イベント応募の権利、ですが・・・・・






































「携帯電話(PHS不可)にてご応募ください」





画像




なんですか。

なんで携帯で応募なんですか。

えぇ!?


こちとらウィルコム(PHS)ユーザーですよ!!


DVDより高いブルーレイを、発売日初日に買ったというのに
なんですかこの仕打ちは!!{%怒りwebry%}
(端数は大将が出していることはこの際スルー)



いいじゃん!PCから応募でいいじゃん!
もしくは、携帯応募にするならすべてのキャリアで
対応にしてからいってくれよ!












ちなみに。
キョウコさんは、携帯電話も持っていますが
イーモバイルなので、まったくもって応募不可能なのでした。


ほんと、ナビタイムはえらいわー

※ナビタイムは、携帯3キャリアにウィルコムにイーモバイルでも
 展開している超優秀サイト(&アプリ)なのです。



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます




鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [Blu-ray]
アニプレックス
2009-08-26


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

こっち(アマゾン)で買ったほうが安かったヨ!Σ( ̄□ ̄lll)


登場人物紹介
絵日記
名前:キョウコ
性別:おなご
年齢:80年代の生まれ
職業:会社員。
メモ:自分のことを「キョウコ」と呼んでますが、本名はキョウコじゃないんですよ。

大将
名前:大将
性別:おのこ
年齢:70年代の生まれ
職業:会社員。
メモ:キョウコのダンナ様。
オーディオおたく



ハルカ
名前:ハルカ
性別:おなご
年齢:2012年7月生まれ
メモ:長女。
本名はハルカじゃないです。



アスカ
名前:アスカ
性別:おなご
年齢:2014年7月生まれ
メモ:次女。
本名はアスカじゃないです。


ブログランキング