本日はゴールデンウィーク1日目!
ということで、大将と映画を観てきました。
クリント・イーストウッド主演・監督の
「グラン・トリノ」です。
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top

ワタクシ、今回この作品はまったくの
ノーチェックでして、予告編も
あらすじも見ずに映画館に参りました。


画像



今回クリント・イーストウッド扮するのは、
アフリカ系アメリカ人を「クロ」、
アジア系移民を「イエロー」と呼ぶ、
差別意識の強いアメリカ白人のガンコ親父を
絵に描いたような人。

こいつがまぁ憎たらしいこと!{%怒りwebry%}

んで、この親父がめっちゃ大切にしているのが
グラン・トリノという名前の車。

でも、車の話ではありませんでした。
人生のお話でした。


なんかねぇ。
いろんな問題を内包しつつ、でも
焦点はそのガンコジジィの人生に当たってるんですよ。
そこがすごくいい。
語りすぎていないというか、だからこそ
「いきかた」がすごく鮮やかにでるというか。

広げすぎて複線回収できなかったり、
話がとっちらかっちゃう作品が多い中、
語るべきところがぎゅぎゅっと“抽出”されたこの作品の
作り方は、見ていてとても勉強になった。


クリント・イーストウッド。
ダーティ・ハリーくらいにしかおもってなかったけど
やるじゃないの。彼が監督したほかの作品も観てみたくなった。

長い休みで「暇だー」という方は、
ぜひ見てみてくださいな。
損はしませんだよ。



<作品のわりに、トレーラーのつくりはイマイチなんだよなぁ>





グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]

ユーザレビュー:
イーストウッド作品で ...
最近観た映画の中では ...
観て良かった。本当に ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ