水曜日は仕事帰りに大将と映画に行ってきました。
今回観たのは「カールじいさんの空飛ぶ家」です。



ヒトコト感想
「極上の大人向けアニメーション」


画像




最初に、カールじいさんがじいさんになる前の話
(物語の序章)があるのですが、まずそこでやられます。
このシーン台詞は一切ありません。
映像と音楽だけですが、でも、状況がよくわかります。
余計な説明台詞が省かれているのもこの作品のよいところ。
橋○先生も見習って欲しいです←

そして観ているうちにじいさんだけでなく、私もどんどん
家に愛着がでてきました。
どうしてじいさんが家を連れて冒険に旅立つのか、
どうして“家と一緒に冒険”なのか。
それがこの冒頭の部分だけで充分に納得ができるのです。

で、冒険にはトラブルがつき物です。
でもじいさんだけだと冒険にトラブルは起きそうもありません。
そこで登場するのが肥満体な子ども、ラッセル君です。
ディスニーの作品には珍しいアジア圏の主役級子どもキャラ。
この子の空気の読めなさに、心はすっかりカールじいさんと
同調しているおいらは、最初はすごくイラッとするのですが、
途中から急に彼への印象が変わります。
印象がかわるところでも、説明台詞は一切でてこず、
会話から「あぁ…そうか、君、そうだったのか…」と。


そんなこともあって、オトナの方がより深く
この物語の世界を堪能できるんじゃないかな~と思った次第。


この映画は、ぜひご夫婦で観て欲しいですね~。


我が家も夫婦で観ましたが、、、
うちの大将は物語云々よりも映像がどうのとか音響がどうのとか、
そっちへの興味が強いので観に行く人間違ったかもと思ってみたヨ←





関係ない話ですが。
同時上映があると知らず、本編が始まる前に
「晴れ ときどき くもり」が上映されたので
一瞬びっくりしました。「あれ?劇中劇かしら?」と。



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます




ディズニー・ピクサー・グレイテスト
ウォルト・ディズニー・レコード
映画主題歌

ユーザレビュー:
収録曲について日本盤 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

カールじいさんの空飛ぶ家 (ディズニーアニメ小説版)
偕成社
ジャスミン ジョーンズ

ユーザレビュー:
カールじいさんの空飛 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る