コクリコ坂の試写会のチケットが当たったので、
今日は日比谷の東商ホールまで行って来ました。

画像
じゃじゃーん


主人公の声を長澤まさみさんがあてていますが、
いわゆるタレント俳優さんが声をあてているときのような
「(キャラクターや周りの雰囲気との)ビミョウなズレ」は感じません。
長澤まさみ嬢は、声優でも充分やっていけると思います。
うまいです。
アイドル声優ちゃんなんかより、ずっとずっといい仕事してくれます。


話もよくまとまっています。
途中、「下宿人おのおのについて、もうちょっとエピソードを
挿入して欲しかったな」と思うことはありますが。


背景の素晴らしさ、作りこみ具合は、さすがジブリ。
職人がいい仕事してます。


で、来週から公開なわけですが
「ぜひ親子で見に来てくださいね」とは決して言えない作品です。

たぶん、子供(小学生以下)がみても「ぽかーん」だと思います。

舞台が1960年代というところもあるのかもしれませんが、
生まれてない年代なのでノスタルジーを感じることもなく、
さらに、エピソードの少なさゆえか、
キャラクターたちに共感しにくい作品でした。
高校生の淡い恋心を思い出して・・・で、見るものなのかしら。
うむー。


そんなわけで、一言感想。
この映画は、いったい誰が見ることを想定して作っているのかしら{%顔文字?hdeco%}。

世代的に、自分ははまらなかったようです。
たぶん、あと10年したら、また別の見方が出来ると思います。
私は、まだまだ未熟のようです。



===<2011/7/16追記>====

ゲド戦記でガッカリして、「吾郎じゃな・・・」
と思った方には、ぜひ観ていただきたいです。
同じ監督とは思えないくらい、
しっかり作品として完成してましたよ。

===================

↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます