今日は秋葉原で行われている芦田豊雄回顧展に行ってきました。

たぶん、ほとんどの人は「誰?芦田豊雄」という感じかと
思いますのでざっと説明すると、有名なイラストレーター・
アニメーターさんなのです。

画像
会場にあったポストカードの裏表



芦田さんがキャラクターデザインをされたアニメに、
魔神英雄伝ワタルというシリーズがあり、私は
これがとても大好きでして。
“小さいころに見ていたアニメ”の代表的な作品です。

今の40歳代の世代が宇宙戦艦ヤマトに、30歳代中盤の世代が
ガンダムに、言いようのない愛着を感じるのと同じように、
私はワタルに同じような愛着を感じているのです。
(ラジオも聞いたな~…当時はタイマー付の録音機能なんかないからさぁ
という話は今度別の機会にでも)


会場にはそのワタルをはじめ、グランゾートやタカマル、
銀河漂流バイファム、ミンキーモモなどの
芦田キャラたちの原画やセル画などが展示されています。
さらに会場の大きなスクリーンでは、今までの作品で
かかわってきた声優さんたちの追悼コメントが流れていました。
(このコメントが・・・また・・・じわじわと涙腺を{%うーん…(シクシク)hdeco%})

数はそれほど多くないのですが、(展示スペースもそれほど広くない)
展示されているものたち一点一点に感じる芦田節に触れていると、
「やっぱり私はこの人の絵が好きなんだなぁ~」としみじみ感じたのでした。
なんていうか。キャラクターから“気”があふれているのよ。
元気だったり妖気だったり、陽気だったり。

展示スペースのはしっこのほうに芦田作品にかかわってきた
著名な方の色紙が飾ってあったのですが、鳥山明氏のも
あったりして驚いた。
そういえば、ドラゴンボール大辞典(だったかな?)のインタビューで
尊敬するイラストレーターに芦田さんの名前をあげていたっけ。

あと麻宮騎亜の描くミンキーモモはやっぱり騎亜顔だった。


いろいろ見ていたら、ワタルに夢中になっていたころの
懐かしい感情がよみがえってきたり、
「もう、芦田さんはいないのだ」という喪失感がじわじわきたりで
うっかり泣きそうになってしまったのですが、
会場ではちょうどトークショーが始まる時間でして、
けっこうな数の人がそろっていたので必死で涙を飲み込んでいたら
それが鼻水となって出てきてしまい、鼻水だばだば状態に(チタナイ。


帰り道に思ったことは
やっぱり好きなものは何十年たっても好きなんだなぁということ。


ありがとう、芦田豊雄さん。
あなたの作品は、ちょ~オモシロかっこよかったぜ!



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます