諸々の事情により、引っ越しを検討しています。

諸々の、というのは「今住んでいるところは
通勤のしやすさ第一で選んだ場所だったんだけど、
子供生まれたら意外と実家の世話になることが多いし、
今なら育休中だから万が一保育園決まらなかった時に
再来年の1月までどうにかなるし・・・」
ということなんですが。


通勤の兼ね合いと実家との距離でアタリをつけ、
比較的育児周りにも気を使ってくれている
市を選び、「ここ!」と決めて不動産屋に
問い合わせをしています(大将が。)

ところが意外と難しいモノで
なかなかこれという物件がなく、
あっても問い合わせをしたところ
「小さい子供不可」だったり
「あ、掲載してる賃料間違えてた。てへ」だったり。

そんななか、場所も申し分なく、家賃も
予算ギリギリではあるけど申し分なく、
ぜひともここに住みたい!という物件があった。

これはまさしく掘り出し物{%顔文字ハートhdeco%}

そこは前の住人が出た次の日には
内見に行き、即契約しました。
(内見しないと契約してもらえない
方針の管理会社さんでした)










ところが。ところがだ。



その日の夕方に不動産屋から連絡が。
なんでも「大家が渋っている」という。

その理由が・・・・・・
まぁなんというか・・・・


こちとら学校を卒業してから
真面目にコツコツ働いてきたわけですよ。
子育てだって、仕事との両立は大変だけど、
なんとかやってきていたわけですよ。
それなのに。
すべて否定されたような気分でした。


そんなことなら最初から備考欄に
上場企業にお勤めの方限定」とか
実家が裕福な方限定」とか
共働き家庭不可」って書いとけよ!!




不動産屋さんから
「こういう書類とこういう書類を
提出してくれれば大家を説得
してみますけど・・・」ときたけれど、
家族とも相談の上、

そんな物件、こっちから
願い下げじゃ!


ということにした。




私達は家についてはちょっと恵まれ過ぎて
いたこともあって、自分たちの身の丈に
あわないものを選んでしまったのかもしれない。

仕切り直しになってしまったけれど、
この屈辱は逆にいい刺激になりました。


そんなわけで、今日も今日とて
物件探しです。




このうらみはらさでおくべきか
前向きなこと言ってますけど、本心はこうです。




↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます